ペット火葬前に遺体安置を行なう~遺体を綺麗にしてあげる~

ペット火葬は家族の葬儀と同じくらいに慎重に行ないましょう

早目に安置しないと遺体の状態が悪くなるので注意しよう

信頼できる業者を探し、ペット火葬と葬儀を行なう日にちを決める前に、まずはペットの遺体を安置しましょう。ここでは、正しい安置の方法を紹介します。

安置を行ないペットをきれいにしましょう

安置はなるべく早く行なった方がいいのですか?
はい。犬や猫などの動物は、死後2時間で死後硬直を開始します。そのため棺に入れる前に手足が伸び切った状態で死後硬直が開始してしまうと棺に収まらないことがあります。よって、遺体は死後硬直が始まる前に胸の方に優しく折りたたみ、まぶたも閉じて眠っているような状態にしてあげましょう。また、ブラシなどで毛並みを整えてあげるのも推奨します。
安置の方法を教えてください
まず、棺代わりになるものを用意しましょう。無ければ毛布やタオルでも大丈夫です。そして、安置場所にシートを敷き、その上に遺体を置きましょう。この時、遺体から体液が漏れることがありますが、これは自然現象です。暑い日は遺体が早くに腐敗し始めてしまうため、ドライアイスや保冷剤を用意してお腹あたりに設置しましょう。これでひとまずの安置は終了です。その後は、業者に連絡し、葬儀の準備を進めましょう。
棺はどうやって準備するのですか?
仮の棺としてペットが入るくらいのダンボールを準備しましょう。そこにタオルや冷却材を入れ、遺体を安置します。ペット火葬が終わったあとは、遺体をお墓あるいは納骨堂に納めることになるのですが分骨して遺骨を家でも保管する場合は祭壇を準備し、そこに骨壷を安置しましょう。

安置する際の注意点

ペットの遺体を安置する際の注意点を幾つか紹介します。まず、遺体の腐敗です。遺体は夏場だと1日~2日程度で腐敗を始めるためそれまでには葬儀を行ないましょう。なお、遺体の保冷にドライアイスを使用する場合は素手でドライアイスを触ると凍傷になってしまいます。また、密閉した空間でドライアイスを使用すると酸欠になる可能性があるので取り扱いには注意しましょう。

TOPボタン