ペット火葬の基本事項~火葬の種類と注意すべきこと~

ペット火葬は家族の葬儀と同じくらいに慎重に行ないましょう

供養方法を考えずにペット火葬を行なうと後悔するので要注意!

ペットが死んでしまい、初めてペット火葬を行なうことになった場合は、気をつけるべきポイントを知っておかないと満足できる葬儀が行なえない可能性が生まれます。そのため、ペット火葬を行なう場合は注意点を把握し、ペット火葬の基本や安置方法などを予め確認しておきましょう。

ペット火葬の種類

合同火葬
他の動物達と一緒に火葬し、供養を行なうのが合同火葬です。立ち会いができない他、遺骨が混じるので返骨はできませんが、火葬の中で最も安価にペット火葬を行なえます。火葬後は共同墓地に永代供養されるので、お墓の管理をしなくても末永く供養してくれるというのがポイントです。また、他の動物と一緒に供養するので死後にペットが孤独な思いをしないと考えることもできます。
個別火葬
こちらは人と同じく個別に火葬を行なう方法で、長年連れ添ったペットを弔う方法としてはこちらが多く選ばれています。合同火葬とは違いこちらは立ち会うことができますし、忙しくて立ち会う時間がない場合は葬儀会社の人に一任することもできます。なお、こちらは返骨ができるので遺骨を墓に埋葬できる他、納骨堂に納めることもできます。

ペット火葬は、大きく分けると上記の内どちらかを選ぶことになります。立会いができないものとできるものがあるので、注意しましょう。また、どんな供養方法がペットにとって良いのかを事前に考えておく必要もあります。また、ペットとの思い出を形に残せるメモリアルグッズ作成のサービスもあるので、こちらも業者に確認しておくと良いでしょう。

供養方法について

ペット霊園というのはどういったところですか?
簡単に説明すれば、ペット専用の霊園です。人間の場合とほぼ同じサービスを受けることができます。納骨堂や共同墓地があり、霊園で葬儀から納骨・供養まで一通りできるのがポイントです。個別に墓を購入して埋葬することができる他、合同火葬で供養した遺骨も共同墓地にて埋葬されます。近年では人と一緒に供養することのできる墓地も増え始めています。
自宅で供養することも可能ですか?
できます。手元供養といい、ペットの遺骨を分骨し、家で供養を行なったり、専用のペンダントやキーホルダーに遺骨を入れたりする方法もあります。この方法は、ペットロスによる心の喪失を解消するために用いられる他、ペット霊園が遠かったり、何らかの事情でお参りに行くのが難しかったりする人に最適です。

供養方法でペット火葬の種類が変わるので注意

ペットをどのように供養したいかで、ペット火葬の方法が変わってきます。例えば、遺骨を自宅に置きたいのであれば返骨される個別火葬を選ぶことになりますし、他の動物達と一緒に祀った方がペットも寂しがらないというのであれば合同火葬を選ぶことになります。もし、どちらが良いのかよくわからないというのであれば個別火葬を行なった方が、何かと選択肢の幅は増えます。

ペット霊園を選ぶ際の注意点

お墓

ペットを埋葬するペット霊園選びにも注意が必要です。自分の望む供養方法を行なうことができるか、通いやすい場所か、ペット霊園の環境はきちんとしており、信頼できそうな場所かといった様々なことをチェックする必要があります。そのため、適当に選ぶと後悔することになるでしょう。ペットの葬儀を行なうことは、人間と同じように大切なことです。亡くなった家族に最大限の敬意を払い、きちんとした業者や場所を選んで弔いましょう。

TOPボタン